■塗り壁・モルタル(吹付外壁)
セメントと砂、混和材に水を加えて練ったものをモルタルといい、これを一定の厚さ以上で壁に塗り重ねて外壁を造る方法で湿式工法と呼ばれています。 このモルタルを下地に更に素材を吹付け、コテやローラー、櫛引きなど模様を施したものやリシン等の塗装を吹付けて仕上げるものなどがあります。

■サイディング
サイディングとは、ボード状の外壁仕上げ材で、主にセメントを主原料とした窯業系とアルミやスチールなどの金属系、木質系等の種類があります。
現場では水を使用しないので乾式工法と呼ばれています。
ボード状のサイディングは、外壁の下地にくぎや金物などで取り付け仕上げるもので、一般的には、工場で塗装を施したものが多く使われています。
@窯業系サイディング
セメントなどを主原料に、有機や無機の繊維を混ぜて強化しプレス成型したもの。
工業生産品であり、品質が均一で耐火・耐熱性、耐水性にも優れ価格やデザインのバリエーションが豊富。
A金属サイディング
塗装・成型された薄い金属板の裏に断熱材を付けた物が多い。軽量である程度の断熱性があることから壁のリフォームとしての用途が多い。

■タイル張り
粘土を主原料とし鉱物等を混ぜて小さな板状に成形・焼成したもので磁器質、せっ器質、陶器質の3種類があります。
タイルは、仕上げ材でありモルタルやコンクリートなどを下地として張る湿式工法と、ボード状の下地に接着張りや引っ掛けるなどの乾式工法があります。

■その他(漆喰、コンクリート、レンガなど)

フッター