外装材とは 外装材の性能 住宅外装のメンテナンス 技術情報 JTCの概要
  ミッション
  事業内容
  役   員
  会員名簿
  案内図
 
 
 
 

特定非営利活動法人 住宅外装テクニカルセンター(JTC)
(英文名:NPO JAPAN EXTERIOR FURNISHING TECHNICAL CENTER)
のミッション

住宅外装テクニカルセンター(JTC)は平成13年9月に設立された特定非営利活動法人(NPO法人)です。
JTCは住宅の長期品質に多大な影響を持つ住宅外周部位に関する調査・研究、情報提供・収集を、行政、関係団体、メーカー、流通施工者、学者、住宅設計者、住まい手、住宅取得予定者と、あらゆる関係者を対象に行います。
そこから得られた技術情報を基に、住宅外周部位の技術的進歩・向上を図り、同時にその情報を正しくフィードバック・普及させることによって、長持ちし、住みやすい住宅の確保・保全を推進し、市民の生活向上に貢献することをその使命としています。

● 長期間、快適に暮らすための3要素
従来、住まいの資産価値はとかく土地中心でしたが、中古住宅の市場が大きくなるにつれ、これからは建物の資産価値も重要な要素となります。
住宅の資産価値を高めるには、
(1) 柱、土台、梁等の主要構造部分の性能が十分満たされていること
(2) 屋根、外壁等の外周部に適切な材料を使用し、正しく設計・施工されていること。
(3) 住宅取得者の維持・管理が適切に行われていること。
以上の3点が重要です。
今まで、特に住宅取得者に対して家の維持・管理の情報が不足しているため、住宅の性能、外観が劣化し、資産価値が失われてゆくケースが多く見られます。住宅外装テクニカルセンターではこのようなことをなくすための活動にも力を入れて行きます。
フッター