ここに掲載されているQ&Aは、今までに、NPO法人 住宅外装テクニカルセンター(JTC)に寄せられたさまざまなご質問にお答えするものです。
以下に示します回答はJTCの見解になりますが、最終的には建築主事の判断が優先します。
よりよい住宅の建築に活かしていただければ幸です。

破風・鼻隠しに関わる事項

Q10-1
防火構造外壁認定の「別添」の図面において、軒天材は窯業系サイディング、破風・鼻隠しは 窯業系サイディング又は不燃材料と図示されていますが、その通り納めなくては防火構造外壁にはならないのですか?
A10-1
軒天材、破風は外壁の認定の範囲外の部位になりますので、外壁を防火構造とするためにその通り納める必要はありません。但し軒裏、破風・鼻隠し部分に別の防火制限が要求される場合はその制限に従ってください。

Q10-2
破風、鼻隠し、胴差し部に窯業系サイディングの同質部材を使用する場合の認定番号はどうなりますか?
A10-2
胴差し部については外壁の認定番号が使用できます。
破風・鼻隠し部については一般的に不燃材料の認定番号を使用します。 不燃材料の認定番号については各製造会社にお問い合わせ下さい。