住宅外装とは 外装材の性能 住宅外装の維持管理 技術情報 JTCの概要
  住宅外装の種類
  住宅外装の役割
  通気構法とは
  住宅外装関連法規
    住宅品確法
    住生活基本法
    住宅瑕疵担保履行法
 
 

住宅外装の種類

住宅外装とは、主に住宅の外装部分を構成する「外壁」「屋根」等を言います。しかし、ここでは主に「外壁」について説明いたします。

●外壁材の材料別構成比
住宅外装に使用される外壁材の材料としては、窯業系サイディング、ALC、金属サイディング、タイルなどの乾式材料、およびモルタル、漆喰などの湿式材料があります。
特に窯業系サイディングは、防火性があり、色、柄の種類が豊富で、かつ住宅の耐久性に大きな役割を持つ「通気構法」について標準施工方法が確立されている等の理由から、新築戸建住宅の7割以上で採用されています。
そこでこのホームページでは「住宅外装の性能」や「住宅外装の維持管理」については、窯業系サイディングを例に取って具体的に解説をしていますので、是非参考にしてください。

フッター