住宅外装とは 外装材の性能 住宅外装の維持管理 技術情報 JTCの概要
  住宅外装の種類
  住宅外装の役割
  通気構法とは
  住宅外装関連法規
    住宅品確法
    住生活基本法
    住宅瑕疵担保履行法
 
 

住生活基本法について

住生活基本法(平成18年6月8日交付・即日施行)は、国民に安全かつ安心な住宅を十分に供給するための住宅政策の指針となる法律です。
今までのように新しい建物を「作っては壊す」住政策では、地球環境への負荷が大きく、また今後日本の人口・世帯数は減少傾向となる一方で住宅ストック量は充足している状況にあって、住宅政策を転換する必要が生じたことが背景にあって生まれた法律です。
実際、建築廃材の約2割は住宅関連といわれ、さらに、住宅の平均寿命は英国75年、米国44年に対し、日本は30年と短いのが現実です。
しかしながら、現状では中古住宅に対して資産価値を保証するような統一基準がなく、また住宅関係の専門家であっても建物の内部構造状態や過去に行われたメンテナンスの状況などを正確に判断することが難しいために、買い手にとっては購入のリスクが大きく、そのため中古住宅の流通規模はなかなか拡大しません。
そこで「住生活基本法」に基づいて法整備を進め、国が住宅の長寿化と中古市場の活性化を促進することになりました。

住生活基本法の基本理念
1.住生活の基盤である良質な住宅の供給
2.良好な居住環境の形成
3.居住のために住宅を購入するもの等の利益の擁護.増進
4.居住の安定の確保、
この基本理念の上に2015年までの「全国計画」を定め、その下で各都道府県が地域の実情に即した「都道府県計画」を定めます。民間業者の「責務」も求められています。

住生活基本計画の詳細については、
国土交通省ホームページ内の「住生活基本計画(全国計画)について」を参照ください。

フッター